スキップしてメイン コンテンツに移動

シャンプーのこと

































どうも、看護師のIです。

今回もシャンプーのお話です。


皮膚病の治療におけるシャンプー療法には、大きく分けて2つの目的があります。

1つ目は「洗浄」すること
 異物や刺激物、フケ、皮脂を除去し、皮膚表面を清潔にします。

2つ目は「症状を抑える」こと
 抗炎症や抗掻痒(かゆみを抑える)、抗脂漏(皮膚のベタつきやフケを抑える)、抗菌・抗真菌などの効果


例えばアトピー性皮膚炎の治療に用いるシャンプー(アデルミルシャンプー)には

・「抗炎症作用」や

・「皮膚への細菌や真菌の定着を阻止する作用」があります。

これらの作用により、1)洗浄することによる表皮から侵入する花粉やハウスダストマイトなどのアレルゲンの除去作用に加え、2)皮膚の発疹や痒みを和らげ、細菌や真菌の皮膚への感染を予防する、といった効果が得られます。

また、アトピー性皮膚炎の他にも、脂漏症(べたつきやフケ)や膿皮症といった症状に合わせてシャンプーを使い分けます。

このような治療用のシャンプーを併用することで治療効果を高め、使用するお薬の量を減らすことができたりします。

ちょっとおおげさかもしれませんが、「体にやさしい治療」なんです。



Photo




このブログの人気の投稿

超音波メス

■こんにちは、院長の田端です。今回、当院では「動物にとって、より負担が少なくスピーディーな手術の実施」を目的に、オリンパス社製の「ソノサージ」という機械を導入いたしました。
■これは正式には「超音波メス(超音波凝固切開装置)」と呼ばれる手術機器で、超音波振動によって発生する摩擦熱を利用して組織の切開を行います。人医療では軟部外科領域で幅広く使用されており、近年は動物病院での導入も珍しくなくなりました。従来から使用されていた電気メスによる切開と比べて組織の熱損傷が少なく、切開と凝固を同時に行うことができるため、縫合糸に頼らない止血処置も可能となり、手術時間を大幅に短縮することが期待できます。

新メンバーからご挨拶

■まだまだ暑い日が続きますね。動物達もそのご家族の皆さんも、毎日元気に過ごせていますでしょうか?
病院に来院された方は、スタッフに新しい顔が増えていることに気付かれたと思います。
春から新しくやまびこの一員になったのは動物看護師(実習生も含め)2名、ミニチュアダックスフント2頭です。それでは新メンバーからご挨拶させていただきます。

■「動物看護師の岡崎です。」
8月から仲間入りさせて頂きました。皆様に頼って頂ける動物看護師をめざし、日々努力していきます。お話大好きなので、気軽に話しかけて頂けるととってもうれしいです。早く皆様に名前を憶えて頂けるようにがんばります。

■「実習生(動物看護師)の上野です。」
春から当院で実習生をしています。まだ未熟なところもありますが、皆様に安心して頂けるような看護ができるように頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

■のんちゃん(左)ひなたくん(右) 前回に続いて登場。二人が当院にやってきて3か月になりました。いつも院内を和ませてくれている年齢不詳の仲良しコンビ。ご飯とお昼寝とお腹をなでなでされるのが大好きです。

うがい・手洗・消毒

こんにちは。動物看護師の小川です。
この冬は、冷え込みの強い日が来たかと思えば、今日のように暖かい日があったり、天候が定まりませんね。また、明日からしばらくは寒さが強くなるそうです(・・;)
依然として風邪やインフルエンザも流行っているようで、通勤中の電車やバスの中でマスクをつけている人を多く見かけるようになりました。
マスクだけでなく予防には手洗い・うがいも大切です!

院内にも受付にアルコール消毒スプレーを設置しています★
ご自由にお使いください<(_ _)>