スキップしてメイン コンテンツに移動

「院内セミナー」

5277487685_759f3caff5_o_3
先日、スタッフ向けの院内セミナーを行いました。



今回は、外部の講師の方をお招きして心臓疾患についての講義でした。
(院長が話すより分かりやすい?)



当たり前ですが、外からは心臓は見えません。
そのため、病気がかなり進行するまで症状に気付かない(ように見える)ことが多いようです。



「運動したがらなくなった。」「時々咳き込むことがある。」



飼い主さまとの会話の中でそういった病気の発見につながるヒントに気付くことがあります。



スタッフ全員で知識や意識を深めて、そういったヒントを見逃さないように、
そして、治療につながる早期発見のお手伝いができるように頑張っていきたいと思います。



~~以下、スタッフの感想など。~~





○こんにちは、看護師のHこと、橋目です(^_-)-☆



18日は当院にて院内セミナーを実施致しました\(^o^)/
今回のテーマは、『心臓病(慢性心不全)のお話』でした。
今はまだ若いから家の子が病気とは無縁だと思われている方も多いかと思われます(T_T)
早い場合は、5~6歳から心臓病だけではなくさまざまな病気が出てきます。
ワンちゃんやネコちゃんの5~6歳は、人でいうと40~55歳ぐらいの年齢に相当します。
大切なご家族のワンちゃんやネコちゃんを1日でも長生きしていただけるよう、
定期的に、健康診断をして病気から守りましょう(^O^)
早期発見・早期治療が大切です(^^♪



○こんにちは、看護師のIこと、石橋です(^^♪
よろしくお願いします(*^^)v



近年、わんちゃんやねこちゃんの寿命が延びたことで心臓病など、
高齢化にともなうような病気が増えています。



心臓病はわんちゃんやねこちゃんのQOL(生活の質)を悪くするだけではなく
生命に大きな影響を与えることもある、怖い病気です。



このような病気からわんちゃんやねこちゃんを守るために定期的な健康診断をして
大切な家族に少しでも長生きしていただけるようにしましょう(^.^)/~~~
Photo




このブログの人気の投稿

新メンバーからご挨拶

■まだまだ暑い日が続きますね。動物達もそのご家族の皆さんも、毎日元気に過ごせていますでしょうか?
病院に来院された方は、スタッフに新しい顔が増えていることに気付かれたと思います。
春から新しくやまびこの一員になったのは動物看護師(実習生も含め)2名、ミニチュアダックスフント2頭です。それでは新メンバーからご挨拶させていただきます。

■「動物看護師の岡崎です。」
8月から仲間入りさせて頂きました。皆様に頼って頂ける動物看護師をめざし、日々努力していきます。お話大好きなので、気軽に話しかけて頂けるととってもうれしいです。早く皆様に名前を憶えて頂けるようにがんばります。

■「実習生(動物看護師)の上野です。」
春から当院で実習生をしています。まだ未熟なところもありますが、皆様に安心して頂けるような看護ができるように頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

■のんちゃん(左)ひなたくん(右) 前回に続いて登場。二人が当院にやってきて3か月になりました。いつも院内を和ませてくれている年齢不詳の仲良しコンビ。ご飯とお昼寝とお腹をなでなでされるのが大好きです。

超音波メス

■こんにちは、院長の田端です。今回、当院では「動物にとって、より負担が少なくスピーディーな手術の実施」を目的に、オリンパス社製の「ソノサージ」という機械を導入いたしました。
■これは正式には「超音波メス(超音波凝固切開装置)」と呼ばれる手術機器で、超音波振動によって発生する摩擦熱を利用して組織の切開を行います。人医療では軟部外科領域で幅広く使用されており、近年は動物病院での導入も珍しくなくなりました。従来から使用されていた電気メスによる切開と比べて組織の熱損傷が少なく、切開と凝固を同時に行うことができるため、縫合糸に頼らない止血処置も可能となり、手術時間を大幅に短縮することが期待できます。

院内でホルモンの測定ができるようになります

■新しい検査機器として、IMMUNO AU10V(富士フィルム社製)※1を導入いたしました。

■これまでは、ホルモン測定などの特殊な血液検査は外部の検査機関に依頼していたため、結果が分かるまでに数日間の時間を要していました。

■これからは、通常の血液検査とともに院内で迅速に測定が可能(最短で10分程)になるため、必要であれば、検査を行ったその日から治療を開始できるようになります。

■例えば、「甲状腺機能亢進症」という病気をご存知でしょうか?
これは甲状腺が肥大し、甲状腺ホルモンが過剰に産生・放出されてしまう病気です。症状の種類や程度は様々ですが、放置すると腎臓や心臓に大きな負担を与え、死に至る場合もあります。

甲状腺機能亢進症は老齢の猫で最も多くみられる内分泌疾患だといわれており、国内でも過去に実施された調査では、老齢の猫の8.9%で甲状腺ホルモンの異常が認められたと報告されています※2。当院でも該当する疾患をもつ猫の患者さんが年々増えているように感じます。
今回導入したIMMUNO AU10Vを活用することで、この病気に関しても、従来より早期の段階での発見・治療が可能になると考えています。

※1 測定可能な項目:T4(甲状腺ホルモン)、TSH(甲状腺刺激ホルモン)、COR(副腎皮質ホルモン)、TBA(総胆汁酸)

※2 参考:宮本忠, 宮田育子, 黒羽健二, 他(2002):「大阪および中国地方における猫の甲状腺機能亢進症の発生」. 日本獣医師会雑誌, 55:289-292.