スキップしてメイン コンテンツに移動

シャンプーのこと

































どうも、看護師のIです。

今回もシャンプーのお話です。


皮膚病の治療におけるシャンプー療法には、大きく分けて2つの目的があります。

1つ目は「洗浄」すること
 異物や刺激物、フケ、皮脂を除去し、皮膚表面を清潔にします。

2つ目は「症状を抑える」こと
 抗炎症や抗掻痒(かゆみを抑える)、抗脂漏(皮膚のベタつきやフケを抑える)、抗菌・抗真菌などの効果


例えばアトピー性皮膚炎の治療に用いるシャンプー(アデルミルシャンプー)には

・「抗炎症作用」や

・「皮膚への細菌や真菌の定着を阻止する作用」があります。

これらの作用により、1)洗浄することによる表皮から侵入する花粉やハウスダストマイトなどのアレルゲンの除去作用に加え、2)皮膚の発疹や痒みを和らげ、細菌や真菌の皮膚への感染を予防する、といった効果が得られます。

また、アトピー性皮膚炎の他にも、脂漏症(べたつきやフケ)や膿皮症といった症状に合わせてシャンプーを使い分けます。

このような治療用のシャンプーを併用することで治療効果を高め、使用するお薬の量を減らすことができたりします。

ちょっとおおげさかもしれませんが、「体にやさしい治療」なんです。



Photo




このブログの人気の投稿

超音波メス

■ こんにちは、院長の田端です。今回、当院では「動物にとって、より負担が少なくスピーディーな手術の実施」を目的に、オリンパス社製の「ソノサージ」という機械を導入いたしました。 ■ これは正式には「超音波メス(超音波凝固切開装置)」と呼ばれる手術機器で、超音波振動によって発生する摩擦熱を利用して組織の切開を行います。人医療では軟部外科領域で幅広く使用されており、近年は動物病院での導入も珍しくなくなりました。従来から使用されていた電気メスによる切開と比べて組織の熱損傷が少なく、切開と凝固を同時に行うことができるため、縫合糸に頼らない止血処置も可能となり、手術時間を大幅に短縮することが期待できます。

診療費改訂のお知らせ

当院では診療レベルの向上のために新規の機器の導入や検査手技の工夫、改善を継続して行ってまいりました。一方、コロナ禍による原材料費や輸送費の高騰により、消耗品を含む医薬品などの納入価格は上昇傾向が続いております。 より良い診療を維持していく為に、当院でも、この春より一部の薬価や手術費用を中心に、診療費の見直しをする必要があると判断いたしました。皆様にはご負担・ご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

1月のお知らせ

年末から冬らしい寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 やまびこ動物病院ではこの1月から、スタッフの制服が変わりました。ポケットにある動物の刺繍がポイントになっています。コロナ禍で暗いニュースが多いこの頃ですが、少しでも明るい気分でご家族や動物さん達と接してゆければ、と思います。 1月のお知らせです ◇1月10日(日) 臨時休診(学会会議参加のため) ◇1月11日(祝・月) 振替診察(10時~14時まで) ◆1~3月の間は、毎週火曜日に加えて、金曜日の午後が休診となります。 どうかよろしくお願いいたします。