スキップしてメイン コンテンツに移動

チョコにはちょこっとご注意

こんにちは、動物看護師の橋目です(*^^)

もうすぐバレンタインですネ(*^^)v

私も甘いチョコを食べるちょっと幸せな気分になってしまいます。

でも、ワンちゃんやネコちゃんにとっては、チョコはちょこっと危ない食べ物になってしまいます(/_;)

とくにワンちゃんは甘いものが大好きなコが多いので注意が必要です。


ご存じですか?チョコレート中毒のこと
まちがってワンちゃんがチョコレートを多量に食べてしまうとどんな事が起きるんでしょうか?

症状の出方には個体差がありますが、嘔吐や下痢・多尿・興奮・発熱・不整脈、ひどい場合は痙攣・発作などがよくいわれるチョコレート中毒の症状です。
また、腹痛や血尿、脱水を引き起こす場合もあるようです。

チョコレートに含まれているテオブロミンという成分がこのような症状を引き起こします。
(テオブロミンはカフェインに似た成分で、コーラやお茶にも含まれています。)


どれだけ食べると危険?
ワンちゃんのテオブロミンの中毒量は、平均すると1kgあたり100~200mgといわれています。

・一般的なミルクチョコレートに含まれるテオブロミンの量は、154mg/100gくらい。
・市販の板チョコの重さはだいたい1枚60g前後。

よって、『体重2kgの小型犬』が『板チョコを3枚分くらい』食べてしまうと中毒を起こしてしまうかもしれない、ということになりますね。

「結構たくさん食べないと中毒にならないんだなー」って思いました?

でも、ビターチョコレートになると含まれるテオブロミンの量が増えるので、もっと少ない量でも中毒を起こしてしまう可能性があります。

あなたのその手作りチョコ、どのくらいの量のチョコレートを使ってますか?


2月はチョコレートがたくさん出回る時期になります。
チョコはワンちゃんネコちゃんの手の届かない場所に置いてくださいネ。

万が一、誤って口にした場合は、病院にご相談くださいm(_ _)m

このブログの人気の投稿

超音波メス

■ こんにちは、院長の田端です。今回、当院では「動物にとって、より負担が少なくスピーディーな手術の実施」を目的に、オリンパス社製の「ソノサージ」という機械を導入いたしました。 ■ これは正式には「超音波メス(超音波凝固切開装置)」と呼ばれる手術機器で、超音波振動によって発生する摩擦熱を利用して組織の切開を行います。人医療では軟部外科領域で幅広く使用されており、近年は動物病院での導入も珍しくなくなりました。従来から使用されていた電気メスによる切開と比べて組織の熱損傷が少なく、切開と凝固を同時に行うことができるため、縫合糸に頼らない止血処置も可能となり、手術時間を大幅に短縮することが期待できます。

診療費改訂のお知らせ

当院では診療レベルの向上のために新規の機器の導入や検査手技の工夫、改善を継続して行ってまいりました。一方、コロナ禍による原材料費や輸送費の高騰により、消耗品を含む医薬品などの納入価格は上昇傾向が続いております。 より良い診療を維持していく為に、当院でも、この春より一部の薬価や手術費用を中心に、診療費の見直しをする必要があると判断いたしました。皆様にはご負担・ご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

1月のお知らせ

年末から冬らしい寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 やまびこ動物病院ではこの1月から、スタッフの制服が変わりました。ポケットにある動物の刺繍がポイントになっています。コロナ禍で暗いニュースが多いこの頃ですが、少しでも明るい気分でご家族や動物さん達と接してゆければ、と思います。 1月のお知らせです ◇1月10日(日) 臨時休診(学会会議参加のため) ◇1月11日(祝・月) 振替診察(10時~14時まで) ◆1~3月の間は、毎週火曜日に加えて、金曜日の午後が休診となります。 どうかよろしくお願いいたします。